So-net無料ブログ作成

桔梗楓『東京「物ノ怪」訪問録』 [その他小説]


河童の懸場帖(かけばちょう) 東京「物ノ怪(もののけ)」訪問録 (マイナビ出版ファン文庫)

河童の懸場帖(かけばちょう) 東京「物ノ怪(もののけ)」訪問録 (マイナビ出版ファン文庫)

  • 作者: 桔梗 楓
  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: 文庫



河童の懸場帖(かけばちょう) 東京「物ノ怪(もののけ)」訪問録 (マイナビ出版ファン文庫)

河童の懸場帖(かけばちょう) 東京「物ノ怪(もののけ)」訪問録 (マイナビ出版ファン文庫)

  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: Kindle版




■作:桔梗 楓
■★★★☆☆

<概要>
配置薬販売のニワトコ薬局 No.1販売員の河野遥河は、容姿端麗、物腰柔らかで女性社員から大人気。
だが大きな秘密がある。それは真の姿が「河童」だということ。河野の顧客はクーラーで冷え症になった雪女や、ゲームにハマりドライアイになった山神など、現代病に悩む「物の怪」。
河野は彼らに薬を届ける傍ら、悩みを聞いているのだが、口々に語られるのは人間との切ない過去で―――。


<感想>(下書きのまま放置してしまったw)
最近、神様とか妖怪とかそんな感じの作品を手に取る傾向にあるw
この作品も、表紙絵とタイトルに目を留め、河童が人間界で置き薬屋さんをしながら、訪問の傍ら仲間の悩みを聞いて薬を調合いると言う内容に、『神様の御用人』的な感じなのかなぁ~と思って手に取った次第。
読んでみてまず、御用人とはやっぱり違ったw
当然かw
設定はありがち。
存在を忘れられて力を失うなどね。
物の怪が人間に化けて普通に人間社会で就職しているとか、『妖怪アパート』などでも使われている設定だね。
この手の設定には慣れているので、普通に受け入れられる。
どこか真新しいところは無いだろうかと思って読んでいると、まず
えw?(´゚艸゚)∴ブッw
って思ったのは、河野のキャラ設定。
普段人間に化けて暮らしている訳だけど、その化け方がちょっと変わっていた。
なんだろう、もっと妖力のようなもので、完璧に人間に変化しているのかと思ったら、思いっきり擬態発言をかましてくれたw
擬態っ?!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚
日本人が描く河童はちょっと緑色な皮膚でアヒル口でおかっぱ頭にお皿載っているという統一イメージがあると思うけど、河野に言わせると、河童は通称のようなもので、全ての河童に甲羅がある訳じゃないとw
つまり、頭部に皿のある水性妖怪を総じて河童と括っていると言うこと。
自分は順応力の高さで擬態がうまく、長期に及ぶ擬態の結果、本来の姿は忘れてしまったのだと。
疑念は表紙絵のような人間風のイケメン容姿は素なのか、相貌すらも擬態しているのか・・・なんだけどw
河野は仕事中、屋内外問わず、暑かろうが寒かろうが、手作り感満載のお洒落な中折れ帽子を常に被っているらしい。


(エクサス)EXAS シンプルメルトン中折れハット(中折れ帽)(サイズ調節可能)


←こんな帽子を被って営業に行くとか、
カッコ良すぎw


帽子かぁ~。
やっぱお皿を隠しているのだろうなぁ~と思うよね。
まぁ、実際そうだったんだけどw
擬態しているのに、お皿は物理的に隠さないとダメってことは、擬態も完璧とは言えないわけねw
あの表紙絵のイケメンが帽子を脱いだら凄いんですっ!!
って姿を想像すると、ちょっと滑稽ではあるw

物語は伊草麻理と言う新入社員の新人研修を兼ねて二人で顧客先を回るところから始まる。
女子社員に大人気で、自分にとっても憧れの存在である河野と一緒に営業先を
回れると思うと、自然とウキウキしてしまうし、助手席に座りながら、横目でイケメン堪能できる時間を持てる喜びなど、文章になっていなくても伝わるものがあったw
途中寄ったコンビニで、河野がミネラルウォーター好きだと言う情報もゲットし、今後の為の布石も忘れずに置いておく。
そんな、いい感じに河野と会話を弾ませながらコンビニを出た麻理を衝撃が襲う。
一陣の風が吹きつけ、河野の帽子を吹き飛ばしたのだ。
両手に荷物を持っていた河野は帽子を押さえることができず、図らずも、誰も知らない帽子に隠された秘密が露呈してしまった。

Σ( ̄ロ ̄lll)え???←麻理の心裡①w

Σ( ̄⊥ ̄lll)ハ・・・ハゲ・・・?←麻理の心裡②w

σ(一"一ㆀえっとぉ・・・←麻理の心裡③w


* ̄_ ̄*)見なかったことにしよう←麻理の心裡④w

上司が必死に隠してきた秘密。
ゆとり世代とは言え、その辺は触れてはいけないとTPOは弁えている?
「見なかったことにしますから!」←弁えてないw
若手(見た目)で営業成績トップともなれば、色々苦労があってストレスで脱毛症になってしまったのだろうと、勘違いを炸裂させてボケまくる麻理に、空かさずツッコミを入れる河野。
あまりに的外れな同情をされて、いたたまれなくなった河野は意を決して自分の
正体を明かした。
「僕は妖怪なんです、河童なんですっ」

・・・・(*'◞◟'*)←麻理の心裡⑤w

この瞬間、河野に対して抱いていた好意が一気に霧散する。
ハゲの言い訳が言うに事欠いて自分は河童だとは。
麻理が河野の言葉を全否定した直後、横に座っていた河野の姿が一瞬薄れたように表現される。
人間の記憶から締め出されると姿形すら維持できなくなる可能性をそう言う形で
示唆していた。
だからか、河野自身、正体を明かした以上、信じて貰うべく色々と手を尽くす。
麻理は麻理で、一度それを受け入れてしまうと、後はどこまでも懐の深さを見せるが、その性格が必ずしも人間世界で万人に受け入れられる訳ではないことを自覚していた。
麻理自身も人間関係に苦労するところは当然あるのだろう。
巻末辺りで河野の本質がチラっと顔を出し、新しい設定を追加して終わっている。
当然、シリーズ化されるのだろうw

次巻が出たら読むか・・・と問われると、内容次第、気が向いたらかなぁ~と言う
感じ。
文章は特に読みにくいと言う事はないし、河野が自分の皿でミネラルウォーターを色々試すくだりは、読んでて思わず、クスっと笑ってしまう部分もあって、これはこれで楽しい時間を提供してもらったと思う。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。